シリーズ紹介絵本:なんでやねん

シリーズ紹介絵本:なんでやねん

こんにちは、さとむぎ夫婦です。

関西人のツッコミといえば、「なんでやねん」。

そんな「なんでやねん」を何度も繰り出し、ついつい笑ってしまうシリーズ絵本をご存じですか?

そのシリーズ絵本の名は、ズバリ「なんでやねん」。

 

親しみある絵とテンポの良い展開に爆笑必死のシリーズ絵本なんです。

娘が2歳から読んでいて、読むたびに「なんでやねん!」とツッコんでいます。

 

そんな、「なんでやねん」シリーズを全力で紹介していきますので、ぜひ、お子様との楽しい時間に活用してください!

目次

なんでやねんシリーズ全冊紹介

2023年1月現在までで、なんでやねんシリーズは全5冊出版されています。

1冊ずつ見どころを紹介していきます。

なんでやねん

2013年に出版された記念すべき第1作のタイトルは「なんでやねん」

なんでやねん

まさにタイトル通り、シンプルにツッコミどころ満載の展開が続きます。

朝起きたらちょんまげが生えていたり…

パジャマを脱いだらふんどししてたり…

想像つかない展開が次々起こり、どんどんツッコミが入ります。

 

人気絵本作家の中川ひろたかさんとコラボレーションした第1作。

「そんなことあるわけない!」と思いながらも、ついつい笑ってしまう楽しい1冊です。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 

 

おふろでなんでやねん

2作目は近所のお風呂屋さんが舞台の「おふろでなんでやねん」です。

おふろでなんでやねん

家族のほほえましい日常の一コマなのに、爆笑ギャグの連続です。

お風呂さんに行ったら、お父さんが…

お風呂のチケットをかったら…

中に入ろうととびらをあけたら…

もう、ネコまでもがツッコミを入れています。

 

最後のオチも良くできていて、1作目とはまた一味違います。

家族で銭湯に行きたくなる、そんな微笑ましい1冊です。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 

ゆうえんちでなんでやねん

3作目は、家族で出かけた遊園地が舞台の「ゆうえんちでなんでやねん」です。

ゆうえんちでなんでやねん

ゴーカートやジェットコースターといった、お決まりの乗り物でツッコミどころ満載の展開が続きます。

遊園地で最初にヘルメットを渡されるのですが、もうツッコミを待っているとしか思えません!

一番の見どころはバンジージャンプ。

ジェットコースターがトンネルに入って抜けてくるところも見逃せません!

 

本当にこんな遊園地だったら困りますけどね…。

絵本だからこそ楽しめる内容です。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 

まほうでなんでやねん

4作目は、1作目と同じ家の中なのですが、なんと魔法使いが登場する「まほうでなんでやねん」です。

まほうでなんでやねん

テレビの調子が悪く困っていると、次々に登場する3人の魔法使いたち。

怪しげな呪文を唱えて、テレビを直そうとするものの…。

当然、ちゃんと直ることもなく、ツッコミどころ満載の展開がまっています。

 

なんといっても、魔法使いは何だったのか…というオチが秀逸です。

これまでの3作とは、また違うテイストで楽しめます。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 

うみでなんでやねん

5作目の舞台は、家族で出かけた海水浴の「うみでなんでやねん」です。

うみでなんでやねん

家族みんなで海水浴に行き、水着に着替えて準備万端!

ところが、海の中からおすもうさんが出てきたり、昔話のキャラクターがやってきたり…。

すぐに「なんでやねん」を連発です。

 

絵のやわらかさと、ボケが絶妙にマッチして、ほんと笑っちゃいます。

5作目でも飽きさせない内容で、とても楽しい1冊です。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 

なんでやねんシリーズがおすすめな年齢と理由

文字数が少なく、テンポが良いので、2歳頃から楽しめます。

「なんでやねん」と何回もでてくるので、繰り返し読み聞かせをしていると、自然に子どもが「なんでやねん!」と言ってくれます。

 

4歳・5歳を過ぎてくると、自分で読みながらでも楽しめます。

ところどころある、絵の矛盾点にもズバッとツッコミを入れられますよ。

 

娘が通う保育園でも、2歳児クラスから5歳児クラスまで大人気です。

読んでいる私たちも、つい声にだしてつっこんでしまう、ほんと楽しいシリーズになっています。

なんでやねんシリーズ作者の他の作品

「なんでやねん」シリーズは、文を鈴木翼さん、絵をあおきひろえさんが担当しています。

 

文を担当している「鈴木翼」さんは、保育士としての経験を活かし活動する人気の遊び歌作家です。

絵本では文を担当しており、いろんな絵本作家さんとの作品を出版されています。

そんな鈴木翼さんの絵本の中から、おすすめの1冊を紹介します。

おばけマンション

絵を村上康成さんが担当している、ちょっと間抜けなおばけたちが住むマンションのおはなしです。

おばけマンション

おばけのお話ですが、ユーモラスなキャラクターが登場してクスッとできる1冊です。

2人の子どもが魔女の家を訪ねてきて、そこから楽しい展開が待ってます。

最後には、2人の子どもの正体も明らかになり、その面白いラストも必見です。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 

絵を担当している「あおきひろえ」さんは、ご自身で絵本を作ることはもちろん、他の作家さんとの作品も多く出版されています。

そんなあおきひろえさんの絵本の中から、おすすめの1冊を紹介します。

ここにいる

お父さんとわたしの日々、お父さんの最期の日までを描いた作品です。

ここにいる

淡々と父親との思い出を描いているだけなのに、どこか涙してしまう素敵な絵本です。

人の死と向き合い、自分の生き方と向き合い、人生が愛おしくなる1冊。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 

なんでやねんシリーズまとめ

今回、ツッコミどころ満載の「なんでやねん」シリーズを紹介しました。

 

絵も可愛くて、テンポも良くて、どんどん読み進められちゃう、素敵なシリーズです。

ぜひ、お子様と一緒にたくさん笑って、楽しい時間を過ごしてください!

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

\ 気軽にどうぞ! /

目次